RECRUIT 求人情報

仕事のやりがい

新はつらつ職場作り宣言

  • 新はつらつ職場作り宣言画像
  • 私たち、大進精工株式会社と大進精工株式会社従業員代表守屋正典は、労使ともに協力して、健康・快適で仕事のしやすい職場づくりを目指すために、当社においては働き方改革を推進し、次のとおり「はつらつ職場づくり」に取り組むことを労使で宣言する。

    1. 労働時間の適正把握に努め、賃金不払い残業を発生させません。
    2. 年次有給休暇の取得しやすい環境を作り、仕事と家庭の調和を進めます。
    3. 健康診断や診断結果に対する措置を確実に実施し、労使で健康阻害の原因を排除します。
    4. パワーハラスメント、セクシャルハラスメント等、各種ハラスメントの根絶に取り組みます。
    5. 従業員のキャリア形成と人材育成に取り組み、新入社員研修およびOJTさらに社内研修を実施し、国家資格取得補助制度により自己啓発に取組む社員を応援します。

次世代を担うワーク・ライフ・バランス推進企業

    • 次世代を担うワーク・ライフ・バランス推進企業画像01
    • 次世代を担うワーク・ライフ・バランス推進企業画像02
  • 仕事のやりがいや家庭での家事や子育ての時間、さらに地域社会との関わりなど人生には様々な時間の使い方や生き方があります。大進は各社員が仕事では充実感を、プライベートではライフスタイルに合った時間や家族とのふれあいを楽しめる、ワーク(業務)とライフ(個人生活)の良好なバランスの構築こそが社会貢献に繋がると考えています。

    特に少子高齢化社会においては、次世代を担う若い世代が育児や出産などのライフステージに適した働き方の重要性を認識し、次世代育成支援対策推進法の規定に基づき「岐阜県ワーク・ライフ・バランス推進企業」として認定をいただきました。

    社員一人ひとりの幸福度は会社にとっても財産になると考え、ワークライフバランスの推進に取り組んでいきます。

From Senior!

みなさん、こんにちは! 人生の若き日において最初の関門ともいえる就職活動-。就活生にとっては夢と希望に不安が交錯する世界だと思います。リクルート市場であふれる就活情報の中から自分にピッタリな情報や会社にめぐり合いたいと思うもの。昨今は堅調に推移する日本経済の景気動向を受け、各企業の採用意欲の高まりや過去最高を記録する大卒就職率、有効求人倍率の上昇など、リクルート市場はより活況を呈しています。

もしあなたがほんの少しでもものづくり、設計、開発などのキーワードに興味をもって就活ページを開いたなら、ダイシンの扉の向こうをのぞいてみませんか!

  • R.Oさん画像

    生産技術部 電気設計
    R.Oさん

  • T.Yさん画像

    生産技術部 機械設計
    T.Yさん

  • Y.Iさん画像

    生産技術部 機械設計
    Y.Iさん

  • Y.Tさん画像

    生産技術部 電気設計
    Y.Tさん

  • E.Hさん画像

    生産技術部 土木設計
    E.Hさん

T.Yさんインタビュー
先輩インタビュー

2015年入社
生産技術部 電気設計
R.Oさん
東海学院大学 人間関係学部 心理学科 出身

Q:入社を決めた理由を教えてください。

A:今の仕事は大学在学中の専攻分野とは全く違う分野で、工学的なことは「何も知らない」「何も分からない」という状態でした。ですが、かえって知らない世界だからやってみたいという気持ちが強くなり挑戦してみることにしました。

Q:お仕事の内容を教えてください。

A:入社した当時は工事図が描ける様になることを目標に勉強して、今はクリーンルームの上部で走行する搬送機の設計をしています。検討から設計まで担当できるようになりました。

Q:大学で学んだ事とは全くの異分野からの挑戦、苦労したことやうれしかったことはありますか?

A:社内研修や先輩たちのサポートで仕事を覚えていきました。特に先輩のフォローが的確で今では図面を描くことが楽しくなりました。今後は正確で見やすい図面が早く描けたらいいなと思っています。

Q:就職活動中の後輩にアドバイスを。

A:私も文系学部出身で技術系企業の大進に就職を決めたときは、友達から「エッ!何で?」と驚きの目で見られましたが、人生の中で未知の分野に挑戦することもいいことだと思います。誰でも知らないことを始めるのは不安が付きまといますが、乗り越えられない不安はないと思います。大進は文系出身者にもしっかりスキルが身に付くように教えてくれる教育方法が充実した会社ですので、技術的なことに興味がある文系就活生ならぜひ会社の説明会でお話を聞いてほしいですね。

T.Yさんインタビュー
先輩インタビュー

2016年入社
生産技術部 機械設計
T.Yさん
福井大学 工学部 機械工学科 出身

Q:大進に入社を決めた理由を教えてください。

A:学生時代に工学の研究の一環として三次元CADを使用した経験を、仕事にも生かしたいと思い設計の道に進みました。今は制振装置や「トンネル用掘削機」などの設計に携わっています。

Q:入社してから苦労されたことや新たに学んだことを教えてください。

A:工学部在学中は「図面を引く」経験が少なく、図面を描くことに慣れていませんでした。入社したばかりの頃は苦労した思い出がありますが、研修やOJTを通じて設計に必要な知識を学んでいきました。

Q:先輩たちから学んだことはありますか?

A:大学で行った、研究の為の設計は、目的の機能を満していればよかったのですが、仕事としての設計は、時間とコストの意識が大切だと学びました。また、当然のことながら学生時代と実社会では責任の重さが違うと実感し、日々緊張感を持って仕事をしています。

Q:就職活動中の学生に伝えたいことはありますか?

A:就職活動のポイントは「あきらめないことだ!」と伝えたいです。希望の職種・業界でなくてもそれに関係する仕事は、必ずあるので視野を広くして就職活動をしていただきたいです。

Q:どんな後輩に入社してほしいですか?

A:元気な人が来てくれるとうれしいです。ハキハキしてコミュニケーションができる人。私は「いっしょに仕事をがんばろう!」という気持ちで後輩を迎えたいです。

Y.Iさんインタビュー
先輩インタビュー

2016年入社
生産技術部 機械設計
Y.Iさん
名城大学 理工学部 材料機能工学科 出身

Q:大進に入社を決めた理由を教えてください。

A:学生時代に金属部品の表面加工技術の研究をしていた影響もあって、将来は機械を中心にした物づくりに携わりたいと思っていました。社会人になったら一つ一つの仕事に集中してやりたいと思っていましたので、設計室のスペースが広々していて、仕事をする上で良好な環境を提供してくれる大進に入社を決めました。

Q:現在はどのような業務を担当していますか?

A:自動車生産ラインに使用する機械部品の設計を担当しています。その中で二次元的に描かれた図面をより実物に近い三次元にモデル化するのが私の担当です。これからは設計業務では設計データの3D化は重要な項目になるので、あらゆる3D化に対応できるように努力しています。

Q:将来の夢を聞かせてください。

A:今は小さな部品の設計をしていますが将来は機械全体を設計できるようなスキルを身に付けたいですね。そして先輩から学んだことを正確に後輩たちに伝えていけるようになりたいです。

Q:設計業務に就きたいと思っている後輩にアドバイスを。

A:大進は物作り産業の一翼を担っている企業ですが、設計開発が専門で工場がありません。したがって実物を見る機会が少ないので日ごろから物を立体的に見る観察力を身に付けるといいと思います。

Q:女性にとって大進の働きやすさは何ですか?

A:大進は社長が女性であることもあって女性が活躍しやすい環境を積極的に整えてくれていると思います。産休や育児休業も取得しやすく、休業後の職場復帰もサポートされています。私の場合は入社時に勤務形態への希望や将来の生活設計などへの希望を聴取してくれて勤務に反映していただきました。

Y.Tさんインタビュー
先輩インタビュー

2015年入社
生産技術部 電気設計
Y.Tさん
愛知工業大学 工学部 電気学科 出身

Q:大進に入社を決めた理由を教えてください。

A:私は子供の頃、プラモデル作りが大好きで、特にマニアと言ってもいいかも知れませんがガンプラに凝っていました。そんな影響もあって大学では電気関係に進学し、電気信号を的確に制御しながら物を運ぶデバイスである「ライントレース」という技術を研究していました。今日の物流を効率化する技術の基本だと思います。こういった学生時代の研究や学習を生かし実際に社会で役立つ設計に挑戦してみたくなって入社を決めました。

Q:現在はどのようなお仕事をしていますか?

A:業務では物流倉庫内へ貨物を搬入するコンベヤの動きを制御するソフトの開発、プログラミングを行っています。実際の業務で使用するプログラミングは学生時代には習っていなかった技術ですが入社してから習得しました。仕事を通じて新しいスキルを増やしていけます。

Q:設計や開発に対する思いを教えてください。

A:設計して作られたものは最後に使っていただくお客様があって活かされます。いつもお客様が使いやすいと感じるものをつくることを念頭において仕事をしたいと思っています。

Q:どんなタイプの後輩と一緒に仕事がしたいですか?

A:明るい人がいいですね。会社は先輩も後輩もとってもフレンドリーな人達ばかりです。言いたいことを言い合って楽しく仕事ができる人がいいと思います。

E.Hさんインタビュー
先輩インタビュー

2015年入社
生産技術部 土木設計
E.Hさん
南山大学 法学部 法律学科 出身

Q:大進に入社を決めた理由を教えてください。

A:学生時代は法律の勉強をしていて設計などの技術的なことは専門外だったんです。漠然と公務員になって公共インフラに携わりたいと希望を抱いていたのですが、大進なら土木設計を通じて公共インフラに携われることを知って興味を持ちました。法学部出身の「文系女子」だった私ですが、文系出身者でも分かりやすく一から指導してもらえること、理解できるよう工夫された教育システムがあることなどの説明を受け入社を決めました。

Q:現在のお仕事の内容を教えてください。

A:橋梁の付属装置の設計の内、排水管の経路や検査路の設計を担当しています。他に橋梁の排水に使う管などの資材がどれだけ必要かを計算する数量計算書の作成も担当しています。

Q:苦労したことや入社後の感想を聞かせてください。

A:設計の要になるソフトはCADですが、全くの素人だったので使いこなすのに苦労しました。でも先輩の指導で約一ヶ月で基本的なことを習得できました。一般的に設計会社と聞くと男性社会のイメージが強いと思われがちですが、大進では多くの女性が働いていて違和感なく溶け込むことができました。

Q:仕事をしていてうれしかったことを聞かせてください。

A:自分が設計にかかわった橋梁を視察したとき、図面上で指示した通りに完成した姿を見てうれしくてモチベーションが上がりました。

Q:女性にとって働きやすい点はなんですか?

A:勤務において家庭の事情や本人の希望を考慮してくれるので、女性にとっては働きやすい労働環境だと思います。

仕事のしやすさ

  • 仕事のしやすさ画像
    • 社内にBGMが流れ落ち着いた環境
    • 一人一人のスペースが広く、ゆったりした職場
    • リフレッシュルームで気分を一新